副作用の特徴を知る大切さ【ストレスなく抗がん剤治療を受ける】

骨髄機能の低下

抗がん剤治療による副作用は、自分でも自覚しやすい症状は対策を立てやすいです。注意すべきは、検査でわかるタイプの症状です。感染症の症状が現れたら、骨髄機能が低下している疑いがあります。

心の負担を軽減

ドクター

抗がん剤の効果とは

抗がん剤の効果は、活発に細胞を増殖させるがん細胞を効果的に攻撃するところです。薬剤の効果が、広範囲に広がるので、体内に潜むがん細胞を小さくするのは勿論、転移や再発のリスクを最小限にしてくれます。現在、主流となっているがん治療の中で、治療効果が及ぶ範囲が広めなのは確かです。また、がん治療のメインで利用できれば、外科的な療法や放射線治療と並行して行なえる特性を持っています。組み合わせによって、まったく異なるがんにも対抗できるのです。そんな抗がん剤は、副作用の症状が気になってしまいます。薬剤注入後、倦怠感やおう吐は勿論、脱毛の症状までもが発生してしまうのです。そんな抗がん剤治療ですが、医学の進歩によって副作用の症状がだいぶ抑えられてきています。現代の医学なら、副作用の症状に関するストレスを抑えて治療が受けやすくなっています。

一長一短がある

もし、抗がん剤治療を選ぶのであれば、利用する薬剤のメリットとデメリットについて把握しておくのも大切です。がん細胞に対して、どんな効果がもたらされるのか、体に現れる不調の特徴は何なのかを把握すれば、万全な態勢でがん治療に臨みやすくなるからです。例えば、脱毛の症状が現れるのであれば、事前にヘアカットを施す、複数のウィッグを用意するなどを行なえば、脱毛のストレスを緩和出来ます。ストレスを減らしてがん治療に臨むために、かかりつけの医師に用いる抗がん剤について詳しく聞いてみましょう。

気をつけるべき習慣

聴診器

抗がん剤を用いた治療を受けている期間中は、副作用対策で生活の面であらゆる制約が設けられます。健康食品服用や飲酒などの習慣を有しているなら、投与前に担当医師へ相談しましょう。

つらい吐き気を抑える

カウンセリング

抗がん剤が体内で作り出す代謝産物が、副作用として吐き気をもよおしてしまうのです。つらい吐き気症状を抑えるためには、抑制剤を用いるのも効果的です。また、音楽を流したりツボを押したりする心理療法も吐き気を抑えやすいです。